ブログトップ

塗師屋さんのヒマつぶし

sakaami.exblog.jp

鴨とりゴンベの                坂場へ                     よ~こそ~!

痛恨の痛手‼️


台風を甘くみてた・・・


いや、剪定をせずに大きくさせすぎたため( ̄∀ ̄)


今年の栗の収穫を間近に控えての出来事です
d0094868_02314752.jpeg

立派に実ることを念じての消毒作業


肥やしをやったりと頑張って来ました


例年楽しみな収穫をしてきた栗の木

d0094868_02325612.jpeg

ワクワクと待ってたのに〜〜( ̄∀ ̄)
d0094868_02340502.jpeg

台風の悪戯にあい無残な姿になりました


もうあの収穫は望めない

これを機会に剪定して新しい枝を伸ばしていこう‼️

d0094868_02342676.jpeg
このような青いままのイガグリが多数落下

折れた枝にも付いてたから採ってきた

これからの作業が大変だ‼️

d0094868_02344347.jpeg

このまだ白いイガグリを育てて茶色の栗を取り出したいと思ってます

2週間、みっちり育ててみます( ̄∀ ̄)

そうしたらきっと

d0094868_02334095.jpeg

このようになってくれるでしょう❣️

期待して育ててみます


大量の収穫まで何年かかるかなぁ


それより収穫期待してた方には申し訳ないです( ̄∀ ̄)

しばらくは期待しないでね〜〜





[PR]
# by sakaami | 2018-09-06 02:49


例年行なっている「白山登山」ですが

今年は山中白山神社のツアーに便乗することとなりました

山中誠心館少年柔道教室のメンバー6名

朝5時出発です(^◇^;)

d0094868_08451771.jpeg


市ノ瀬からバスに乗り別当出合まで移動です

大人片道500円

子どもは半額

帰りのバスは夕方5時が最終んなるので気をつけねばなりません

さてさて、今回のツアーはどうなるやらとワクワク感満載❣️

d0094868_08445220.jpeg
今年は泰澄が開山して1301年

歴史を感じながら登らせてもらいます

昔はどうやって上がったのだろうと感心しますが

鉄道どころか道もない獣道しかありませんよね〜〜( ̄∀ ̄)

途中、坂網の時お世話になった

HABの塚本っちゃん

富山県に異動になってましたが戻ってきたそうです

それで早速白山登山

素晴らしい行動力だ❣️

d0094868_08463351.jpeg
次に会ったのが2番目の娘の同級生

甚之助から上に登り南龍分岐で声かけられました(^◇^;)

まだ若い彼女はマラソン大会でもお会いします❗️

d0094868_08443594.jpeg

そんな分岐でヘリに遭遇

何度も同じところ廻ってました

遭難かと思いましたがそのまま帰りましたから

何もなかったんでしょうね

よかった❣️

d0094868_08442318.jpeg
そこから十二曲がりの急坂を登ると

見えてくるのが「黒ボコ岩」

その手前には延命水があります

私もそれを飲んで30秒ほど長生きしそうな気分になりました(^◇^;)

d0094868_08440806.jpeg

そこから数分で黒ボコ岩に到着します

ただ、ここからはAUの電波が届きません

最後のコメントをチェックして弥陀ヶ原に入ります

d0094868_08435138.jpeg

この木道、最後の坂までゆっくり歩いて10分弱

素晴らしい広い原っぱに感動しながら進みます

d0094868_08433184.jpeg
弥陀ヶ原から室堂までは最後の坂を10分ほどで着きます

息を整えながら進んでいきます

辛さもこれで吹っ飛ぶ❣️

室堂にトウチャコです(^◇^;)
d0094868_08431524.jpeg



花々を見ながら進んできたのですが

私の好きなアオノツガザクラ

d0094868_08425996.jpeg

クロユリも咲いてます

d0094868_08424489.jpeg

夕暮れは頂上で観たいとその日のうちに頂上へ

時間が3分遅れて日没を頂上で見られず残念

でも下りで紅く染まる空を見ることができ感激だ❣️

d0094868_08423173.jpeg

室堂に着く頃はライトがないと足元が見えない

もう金星がくっきり見える時間になっている

その横には木星・土星

そして数日前に大接近した火星がくっきりと

下界で見るより白く見える

d0094868_08422076.jpeg

そんな天体を見ようと夜中2時間半ベンチで寝転び観察

おかげさんで風邪を拗らせてしまったが

楽しみに犠牲は付きもの

でも久々に無風の満点星を室堂で体験した

空に動かない雲が見える

ミルキーウェイが天空を覆う

もうそれだけで感激だが

多くの流れ星にも会えた

中には白い尾を引き流れていくくっきりした流れ星も見える

やはり星を見るなら高度が高い方がいい‼️

d0094868_08420370.jpeg

宿泊は室堂でなく神社の中

参籠殿と言うらしいが

素晴らしい❣️

何がって⁉️

出来立てのホヤホヤ(^◇^;)

14畳に10人が泊まる

ひとり1.4畳もある広さ

室堂は二畳に三人、ひとり0.67畳

狭い( ̄∀ ̄)

そこにいつも泊まってたんだ〜

おかげさんでゆっくり布団で寝られた

へんな質問をしてみた

もっとこの部屋に泊めたら⁉️

すると「布団が10人分しかないから」

あら( ̄∀ ̄)そんだけの理由なのね〜〜

朝は
太鼓の音で準備開始

頂上まで早めに歩いて30分

ゆっくりでも45分もみれば着いてしまう

ご来光が5時10分くらいだから4時過ぎに出れば余裕だ

早めに着いて雲海を楽しむ

周りの人たちとの会話も弾む

d0094868_08414759.jpeg

いよいよ御来光

太平洋側の雲に邪魔されて数分遅れたが無事御来光を迎えることができた

これで目的達成である

あとは無事の帰宅まで気を抜かないようにすればいい

d0094868_08412606.jpeg

気を抜いて頂上でのお決まり記念撮影❣️

勿論順番待ちだが(^◇^;)

このショットを撮るために来たようなものだ❗️

d0094868_08410968.jpeg

同じツアーの仲間と一緒に撮ってみた

皆、いい笑顔である(^◇^;)

目的を達成した顔っていい顔になります(^◇^;)

d0094868_08405789.jpeg

頂上での参拝後は御池巡りに出発❣️

春先に来た時はまだ雪の下でしたが今回は池が見ることができる

翠ケ池は素晴らしい❣️

この池は頂上からは剣ヶ峰の陰に隠れて見ることができない

昔の噴火口であるが今は綺麗な池である

d0094868_08403383.jpeg
d0094868_08401375.jpeg

雪渓の上に立ってみた

春先の再現である‼️

d0094868_08394914.jpeg

朝陽に照らされた池

風に煽られて水面に波紋を映す



d0094868_08393459.jpeg

帰路は別山をバックに室堂を望むことができる

そんな室堂での朝ごはん

あ、ビールは付いてません

ご飯と味噌汁はお代わりできます

水不足で容器は使い捨てになってます

ただご飯の器が大きすぎる‼️

何時もは五杯食べるが今回は二杯で充分

あとふりかけと佃煮のりと梅干し

これだけでおかずは充分である❗️

ここに映るおかずはビール用ですね‼️

d0094868_08391923.jpeg

帰路はいつもと違う道を辿った

「トンビ岩」コースを選択

南竜まで降りて分岐まで進みました

この間 別山にかかる雲が日焼けを防いでくれた(^◇^;)

d0094868_08385994.jpeg

南竜の小屋間近でハクサンコザクラ発見❣️

d0094868_08352861.jpeg

今回の登山はゆっくりできた

毎回こんな登山なら楽なんだがなぁ〜〜(^◇^;)

ちょっと無理するだけで辛さはテンポもねぇものになってきます‼️

皆さんも山に上がる時はマイペースを貫き

呼吸をしっかりしてくださいね(^-^)/











[PR]
# by sakaami | 2018-08-07 18:00 | 自然
d0094868_08225159.jpeg
毎年この時期に渓流釣りをします

でもただ釣るだけじゃなくイワナやヤマメの稚魚を放流

リュックに背負い山の奥まで行くんです(^◇^;)

すご〜く大変な作業です

道無き道を歩くわけですから移動だけでも大変なんです

d0094868_08213875.jpeg

早朝から我谷の在所に集まるこの集団


d0094868_08251946.jpeg
トラックの水槽の中にはイワナの稚魚が

d0094868_08264584.jpeg
順にリュックに入れたナイロン袋に水とイワナを入れて

最後に酸素を入れて蓋をします

私の入る渓流は真砂

この中に氷を入れて呼吸を少なくさせ長持ちさせます

d0094868_08302828.jpeg
かわいい稚魚です❤️

この子達を送り出すんです❣️

でもそのまま放流できないんです

大きなイワナが稚魚を食べちゃいます

それを避けるために先に竿を出して大きなイワナを釣ります

d0094868_08335764.jpeg
この場所まで1時間半

慣れた場所ですがそれでもこれだけかかるんです

慣れない人は2時間半はかかるでしょう( ̄∀ ̄)

d0094868_08355553.jpeg
でも気持ちいい❣️

最高の気分です(^◇^;)

自然の中に溶け込む瞬間です

この時期、もう虫がいるので刺されないようにします

私はアルコール好きなもので集中攻撃を受けます

ひとりは下戸

もうひとりはたまに飲む程度

私への攻撃は必然的なものです( ̄▽ ̄;)

d0094868_08393249.jpeg
魚止めの滝の下には大物がいます

彼らを釣って稚魚放流です

d0094868_08412265.jpeg
雪渓もありまだまだ春先の源頭

高低差を考えるととんでもない運動量です

毎年この放流が終わると4〜5kg体重が減ります

d0094868_08441727.jpeg
源頭まで行くと帰らなければいけません

遠い道のりですから考えます

答えが『山、登っちゃえ‼️』

そうなんです

そのまま大日山の登山になるんです( ̄∀ ̄)

藪漕ぎしながら急な斜面を登って1時間かけて登山道にたどり着く

d0094868_08483337.jpeg
三人の放流者❣️

私が一番迷惑をかけてました

脚が攣るし疲れて脚が上がらない( ̄∀ ̄)

d0094868_08505945.jpeg
隙間から見える白山が癒しですかね〜〜

もう頭の中はボ〜〜ッとしてます

高山病にでもかかったような・・・

でも加賀甲から1時間5分かけて駐車場に帰りました

d0094868_08543637.jpeg
8寸を頭に19匹

山中渓流会では7寸超えを持ち帰るようにしてます

私は勘弁してもらい6寸5分にしている

半分は打上げに出す

d0094868_08581761.jpeg
懇親会は6時半から

地元のお店でイワナを持ち寄り塩焼きにしてもらいます

この日の参加者は23名

放流参加者はまだまだたくさんの人が参加してくれてますが

夜の会は参加者が少ないです
d0094868_13070976.jpeg
塩焼きは持ち込んだもの全て出してくれます

私は尻尾から嚙りつきます💗

骨も食べます

頭は最後にしてよく噛んでいただきました❣️

いい味してます❣️

d0094868_13094743.jpeg
仕上げはこれですね❣️


『イワナの骨酒』

サイコ〜〜💗




[PR]
# by sakaami | 2018-05-28 13:11 | さかな釣り

春本番❣️

さて久々に山菜でも採りにいくかいな❗️てなもんで朝はお薬師さんの鐘の音と同時に車に乗った

行き先は私の蕨のポイント

車で桜を撮りながらの移動でした

d0094868_15492246.jpeg
さてさて、移動には20分目的地に着いたはいいがあるのか不安になりながらも探してみると

d0094868_15571663.jpeg
ありますあります(^◇^;)

あって安心しました❣️


今年もワラビを飽きるくらい食べることができるようです


1ヶ月以上出ますからね‼️


d0094868_15572943.jpeg
それでおまけがタラの芽

こちらもあります(^◇^;)

先日、薄衣で天麩羅にしたら美味しかった

そんなんで今回も少し食べてみることにしました


d0094868_15574398.jpeg
かっこいいですよね

ただこの棘が痛くて( ̄∀ ̄)

今回も数回刺さりましたよ

撮ったタラの芽は正に王者‼️

d0094868_15585320.jpeg
帰りには通りに桜がたくさんあるから画像で保存

d0094868_15580247.jpeg
長春亭もなお一層ステキに見えます

途中、大聖寺の桜も見ました

どこも素敵な花を咲かせています


その足で山中温泉の総湯へ行きましたが遅刻

いつものメンバーは外で寛いでました

自宅へはバイクを取りに行ったようなもの

今度は『筍』

例年入学式シーズンに見てきます

それで今年は表か裏かを判断するんです

ことしは・・・・・

d0094868_15582131.jpeg
『表』のようです


歩いてて蹴つまずくようにして見つかります


今回は全て土の中に埋もれてました

白子で非常に柔らかいものです


結果


d0094868_15591586.jpeg
今日の収穫

3品が夕餉に出ると思います


其々に

d0094868_15594815.jpeg
ワラビ

d0094868_15593291.jpeg



d0094868_16000234.jpeg








[PR]
# by sakaami | 2018-04-06 16:17 | 自然
木曜日にいきなりメッセージが届く

「無理やと思うけど 土日 槍 行かん⁉️」

そら無理やわ〜〜( ̄▽ ̄;)

そう思いながらも感動を味わいたい・・・

それも憧れの「槍」

仕事の段取りをやりくり

家内におねだり(^◇^;)

それで「いきなり」週末はお泊まり登山に決定❣️

もうこの時点からは頭の中はパニックになってしまう
d0094868_04085619.jpg

そんな話が舞い込んだ後は準備に余念がない

なんせ年数回の軽登山しかしない男がいきなりステーキじゃないが

いきなり「槍ヶ岳」ですから

嬉しさのあまりソシアルダンスでも踊りたくなる

ワクワクが抑えきれない

d0094868_03422383.jpg


さてさて前書きはここまでにしときますか(^o^)/
d0094868_19035051.jpg

山に入るのに大変だったのが駐車場

無料駐車場を無理して探して止めましたが

有料でも1日300円であるんだ❣️

1泊でも600円

意地で無料駐車場を探さなくても有料で充分ですわ

それと鍋平で止めた方がいいのが判った

帰りはロープウェイて400円➕荷物代100円で終わるから楽チン❣️

d0094868_19121154.jpg
山には日焼け止めが必要

私の場合完全防備で行くつもりでいますが

ついつい帽子から先に取っていってしまう

暑いのもあるがやはり「邪魔」でしかない

やはり日焼け止めクリームは必需品だ‼️

d0094868_19182239.jpg
山に登っていると疲れて「なんで山になんか来なきゃならない」

そんな気持ちになるんじゃないかとよく言われる

辛いから諦めていたらなかなか先には進めない

だからせめて山くらいは登ってやろうと思っている

でもこれから登る山は最終目標だったからなぁ

これで目標が無くなったりしないだろうな( ̄▽ ̄)

d0094868_19235369.jpg

この画像のように記念撮影するチャンスも出てくる

今回は雷鳥が目の前に出てきて嬉しかった

次は是非ともオコジョと会ってみたいものだ

山に登る以外でも楽しみは多々ある

d0094868_19275390.jpg

一緒に登った友人がとっているポーズのようにビール片手に乾杯ポーズはとりたいな(^◇^;)

なかなかいい画像だと思っているが本人の了解は後回しだ❗️

怒ってたらごめん、後で謝る

d0094868_19314268.jpg

山の楽しみといえば小屋での食事もある

お腹いっぱい食べさせてくれるから嬉しいものだ

この夕食はハンバーグ

盛り付けも楽しませてくれ美味しくいただけた

翌朝の朝食も然り

美味しくいただけた

d0094868_19350869.jpg

種類豊富でご飯かすすむくん〜(^◇^;)

これのせいでいつも体重が増えるのかもしれないな

d0094868_19383838.jpg


朝陽も楽しみのひとつでもある

山に登り朝陽を拝めるのと拝めないのは雲泥の差がある

見られないと「えいクソ❗️」とまで思ってしまう

同じように星空も同じだ

満天の星を拝ませてもらった時には感動で涙ものだ❣️

以前行った御嶽山頂上で見た真夜中の満天星

あれ以上の星空は見たことがない

やはり感動するものは何としても見てみたいものだ

d0094868_19445403.jpg

頂上に上がるかもひとつのポイント

いつも行っている人で「天候がよくないから今回は諦めるわ」

そんな言葉もよく聞く

私には考えられない

ま、人それぞれだからいいが・・・

d0094868_23322364.jpg


今回の登山はかなりの急坂なもんで楽しめた❣️

高いところが苦手な女性が必死で登っているのをみた

可愛そうだが見てて楽しかった(^◇^;)

廻りの友人も協力して頂上に上げていた

もちろん後続の登山者も暖かく見守っていたのは言うまでもない

山でそういう光景を見ていると嬉しくなってしまいますね

d0094868_19514065.jpg

槍ヶ岳の頂上の楽しみはコレ❣️

行列並んでも撮りたいワンショットですね(^o^)/

d0094868_19532544.jpg

廻りを見回し山や草花を楽しむのもアリ

青や緑、赤のコントラストは山の定番でもある

これに残雪や雲の白 周りを映えさせてくれますよね

登山は登るばかりが目的とは言えませんね

d0094868_19571767.jpg

周りの山の名前が解らないとイライラする

そんな時にはこんなアプリもある

カメラを通して周りを見回すと山の名前が出てくるのだ

非常に便利だから山に行く人は是非ダウンロードをお勧めする

因みに私は「AR山ナビ」なるアプリを使っている

d0094868_20023242.jpg

山々には感動するシーンがかくされている

d0094868_08065537.jpg

槍ヶ岳の頂を目指し急坂どころぢゃない「崖」を登る

体験したことがない山だ〜

でも沢登りに比べると滑らないから安心

三点支持で上がってこいとアドバイス受ける

3,180mまでもう直ぐや〜〜(^◇^;)

気合い入りますよね❗️

d0094868_08122833.jpg

下から見上げると絶壁がよくわかる

槍ヶ岳小屋からみるよりなだらかに見えるがやはり急な崖は変わらない

d0094868_08150316.jpg

この時間行列が大したことなく順調に登れる

結局頂上では10分少々で降りてきたが往復1時間

理想的な時間で楽しいものとなった

d0094868_08190280.jpg

快晴で無かったためガスで素晴らしい光景が

ブロッケン現象の登場❣️

自分の影の周りには御光が差し込んでおり素晴らしい光景

私には程遠い仏の境地に届いたと勘違いしてしまう

頭は仏様のようではあるが・・・

d0094868_08225614.jpg
d0094868_08234952.jpg
d0094868_08241306.jpg
d0094868_08245058.jpg
d0094868_08254444.jpg
d0094868_08261033.jpg

周りの山々を見回す時間が楽しい

これって高い所だとよくわかる

さすが日本のアルプス・マッターホルンである

富士・北岳・奥穂高・間ノ岳に続く日本第5位の高さ

北アルプスでは2番目だ❣️

奥穂高岳より10m低いだけだ

よく行った御嶽山は14位で3,067m

白山は90位で何とか二桁にとどまっている

d0094868_08344144.jpg

廻りをグルリ見てみたら山しかなかった

当たり前だが高山植物も見て楽しむ

海は見回すと海、海の中にはお魚が泳いでいる

それぞれに楽しめる場所なんだなぁ〜(^◇^;)

さて、準備不足の私のせいで9時間かかった登り工程

下りはというとやはり7時間かかった

大変な山だという事は理解できた

ただ次また行きたいか⁉️と言われると・・・

考えちゃいますねー

[PR]
# by sakaami | 2017-09-10 23:00 | 今日の出来事
d0094868_09192600.jpg

今日は村の神様の春祭りです❣️

お祝いしましょ

午前中には神主さんが来て祝詞奏上❗️してくれます(^◇^;)

いよいよ春本番となりますね

毎日が楽しみでいられませんが、ちょっと神社を観察してみました

More
[PR]
# by sakaami | 2017-03-05 10:23 | 今日の出来事
私が所属する「山中マリンクラブ」の方がスマホに変えたらしい

ただいま奮闘中でこのサイトも探してるとか・・・

頑張って使いこなしてください( ´ ▽ ` )ノ
[PR]
# by sakaami | 2016-06-21 13:39
年間12月のうちワンシーズン 三ヶ月間だけ行われる坂網猟

11月15日から2月15日の三ヶ月だ‼️

その間、情報交換を含め待機に使われるのが「番小屋」

その番小屋に侵入〜‼️

d0094868_22323497.jpg



玄関?を入ると網置き場です❗️

改装されて今シーズンで2シーズン目です。

昔はもっと獣の臭いがしました

いまではスッキリ〜(^∇^)

d0094868_22361621.jpg



そんな網置き場は年功序列なんです

私の先輩であり後輩の先輩は私より先に置いてます

捕り高には関係ありませんが^ ^

そんな毎日をこの場で過ごしております


興味のある方はご連絡を‼️

あ、その前に見た方は是非ともポチッとな( ^ω^ )
c
[PR]
# by sakaami | 2016-01-24 22:41 | 伝統猟法「坂網猟」
今年初の投稿が坂網猟となる

久々〜

そんでもって「この時期これしかありませんから!」

今日も大荒れの山でしたが鴨ちゃんがたくさん見えました(⌒▽⌒)


今度は捕りましょう!

それは無理です・・・なぜなら天候が悪い(´Д` )

風が悪い〜〜〜〜〜〜〜〜‼️

そんな訳で嵐が収まるまでは大人しくしているしかありません・・・

d0094868_23432326.jpg


寒くて顔がシバれる( ^ω^ )

そんな中坂網猟をする坂場に上がって構える

どんな格好?

それはネ

d0094868_2345153.jpg


こんな格好で3.8mの坂網を持って構えるんです

これで鴨が捕れちゃうんだから〜

この猟で捕れた鴨が特別なんだな

それはなんでか・・・後々わかると思うから今回はこれにて

この時期猟しかないからまたアップしますが興味を持たれた方は

「ポチッとな(⌒▽⌒)」


c
[PR]
# by sakaami | 2016-01-23 23:49 | 伝統猟法「坂網猟」
今は殺生せんとかなかんし・・・でも、なんかせなかんし・・・


そんな訳で山菜採りに行きました❗️

場所は大聖寺川に源流

大日川に入り二時間半川を遡上


それでゼンマイをGET‼️
d0094868_2134971.jpg



行った時はメスのカモシカがいてどいてもらったんです。

こどは背中に気配を感じたらオスのカモシカが来てました。

「おまえらいつでも食えるやろ❗️」と言って帰ってもらいました^ ^

d0094868_213682.jpg
d0094868_2124186.jpg

[PR]
# by sakaami | 2015-05-17 21:10 | 自然