ブログトップ

塗師屋さんのヒマつぶし

sakaami.exblog.jp

鴨とりゴンベの                坂場へ                     よ~こそ~!

「坂網」準備中×夕暮れのひととき×揺れる「網」

猟期も中盤!

体力も回復して、山に上がっても気持ちがいい(^^)

猟期始めは息が上がってしまい休憩をしながら上がる人もいる。

平均年齢も関係するかもしれないが、この時期になると皆、慣れてくる!

d0094868_20203021.jpg


日没から20分くらいか・・・

もう暫くで「猟」が始まる。

自然と緊張感が漂ってきて会話も無くなる・・・

坂網を立てて「風向き・強さ」を調べる。

もう直ぐ「ナドキ(カモの飛び立つ時間)」だ!

d0094868_20204260.jpg


この日は「アイの風(北北東)」で坂場(猟をする場所)は「新場」がいい!

この絵は新場から砂山方向を狙ったものだ。

ゆらりと揺れているのは、もちろん「坂網」である。

坂場は親場(よく捕れる場所)の新場落し

子場(次に捕る事ができる)の新場の子場・新場並孔明(アナ)がある。

その他にも前坂には前山・鷹打ち・鷹打並(たかうちならび)

中坂にはスイフロ・ドソコ・猿子末・猿子片

落し・孔明の並びには小谷・蛇越(じゃごい)

新場と落しの間にはヒロバ・パイロットなる坂場もある。

何れも風向きや天気・時期・空の明るさ・雲の位置など細かく言えばすごくたくさんの要因があるので、猟は「日頃からの経験と勘」によるものとなります。
[PR]
by sakaami | 2007-12-27 20:47 | 伝統猟法「坂網猟」