ブログトップ

塗師屋さんのヒマつぶし

sakaami.exblog.jp

鴨とりゴンベの                坂場へ                     よ~こそ~!

自然の中の塚谷×危険です!×こんどは「申」

自然っていいね!
            でも、危険も伴うし・・・考えものかな!
       昨年の秋に「熊」や「イノシシ」の出没で湧いた塚谷町
                            今年は早くも騒がれています。

              ちょっと見づらいと思います。

          何が見える?

d0094868_7532263.jpg


朝、ラジオ体操が終わり、自宅横で花を観賞していたら・・・

「あんちゃん!今、太刀橋の欄干に○がいて上がったり降りたり」

「犬の散歩中やし○には『キーッ!』って犬みたいに吼えられるし・・・」
                                 とは近所の○守のネエチャン!

先日、町内放送がかかって「注意」を促していました。

                         実際見るのは今日が始めて・・・

      橋に向かうと気配が無い・・・

       昨年、熊が射殺された○谷君の仕事場裏に入っていく。

   すると、やぶ蚊の攻撃に合う・・・と、
 
                    そのときいきなり目の前の木の枝が大きく揺れた!

       角度を変えて見てみる。 川向の犬がいきなり吠え出す
                                      「ワン!ワンッ!」

              すると今度は連続して枝が揺れる!

              追いかけると、どんどん移動していく。

       いつの間にやら足はやぶ蚊に刺されて痒い・・・でもガマン!

                        すると、またもや枝が大きく揺れる。

              「いた!」

       小高い木の枝には小ぶりの「猿」がこっちを見て威嚇している!

                やはり子ども達には危ない!

                    小猿ではない・・・・少し大きめだ!

                             かと言って「親」でもない・・・

          わたしの素人判断では人間で言う小学生から中学生に思える!

                            犬の吼える声が川伝いによく聞こえる・・・

最近、民家の屋根にもよく登るらしい。

        近くの畑では「カボチャ」が被害に遭っていると聞く。

昨夜、山中の総湯に浸かりながらその話で村人の話に花が咲いた(^^)

     「sakakmi!捕まえてくれま!」

             そう言われても狩猟期間じゃないし、何もできない・・・

ま、犠牲者が出ると行政や警察が動いてくれるから!それまで待っていてちょ~だい!

その犠牲者に私がなればいいんだけど「体」が大きいと怖がって降りてこないでしょう!

      何もできません!

d0094868_7534165.jpg


       今、もしも「わな」を仕掛けて「猿」を捕まえたとする。

  すると、ご近所からは「ありがとう」「ごくろうさん」の言葉はかけてもらえる・・・

            でも、処分に自治体に持って行くと「どうやって・・・?」と聞かれる・・・

       もちろん「民家に入ったのを・・・」なんて「嘘」は通じないだろう・・・

          「実は・・・・」となると私が法令順守の違反で検挙!と言う順番になる。

                       挙句の果てには「免状」の没収とまでなるのは必至!

           今年からは「坂網」や「イノシシ」の「おり」が掛けられなくなる・・・

                       やはり「いや」だ!

    鉄砲を持っている人も同じだ!

        彼らはもっと「罪」が重い!

           だから「市長」からの要請で「有害鳥獣駆除隊」を猟友会が編成!

                      召集を受けて始めて動けるんだから!

                それまでは「じっと我慢の『大五郎』」である(~_~;)

     「有害鳥獣駆除隊」は鉄砲部隊からなり

                 われわれ「わな」のみの狩猟関係者は蚊帳の外である!


[PR]
by sakaami | 2007-07-24 08:08 | 自然