「ほっ」と。キャンペーン
ブログトップ

塗師屋さんのヒマつぶし

sakaami.exblog.jp

鴨とりゴンベの                坂場へ                     よ~こそ~!

塚谷今昔×太刀橋のひみつ×歴史に通ずる「塚谷」

いっやぁ~(^^ゞ

  久々にブログ更新ですわ(~o~)

今回は私の住んでる塚谷町の中をご紹介します。

  案外、住んでる人でも知らない方がいらっしゃると思います^m^





塚谷の中でも

           太刀橋 

                       をピックアップ!

d0094868_18265281.jpg


下からみた太刀橋ですがこれまた歴史を感じさせる・・・・?

昭和35年6月に完成したこの橋は〇島工務店さんが施工

塚谷の真ん中を流れる「塚谷川」で町内を二分しておりました。

大通りはトンネルで川を流していたのですが下のほうは細い木の橋で行き来していたようです。

昔の車が一台、やっと通れる幅しかなく自転車もよく落ちていたとか・・・

それを村の(塚谷村)衆がお金を出し合い今の橋を架けたそうです。

石の(コンクリ)橋もなかなか風情がありいいもんです(^^♪

d0094868_18325557.jpg


この橋げたで子どもの頃お決まりの「秘密の基地ごっこ」をやってました(^^ゞ

藁もひいてありいい気持ちで遊べました!
         (後から痒くなり大変でしたが)

d0094868_18405632.jpg


橋の上から眺めると下りたあとの川を渡るための橋がありそこから川沿いに下ります。

すると昔の水源「下清水(しもしょうず)」があります。

水道がひかれる前は毎朝この清水で水を汲み家の甕(かめ)に入れて使ってたそうです。

母も毎朝、水を汲みに行かされそれが苦痛だったと聞いてます。

雑談ですが、塚谷には「上清水」と「下清水」があります。

 上清水は大通りから見下ろせる川沿いに在ります(^^)/

 子どもが大勢いた頃は地蔵盆も「上」と「下」で分かれてお参りしてました。

 上下の声の大きさを競ってた覚えがあります。

 川の掃除をして雪洞作って・・・あ、ポスターは数日前から貼ってたのは今と同じですが(^^ゞ

 お土産も上と下は違ってました。

 はたしてどっちが豪勢だったのか子どもの私には判りませんでしたが・・・

 きっと私の方が豪勢だったのでしょうね!


さて本題に戻り

d0094868_1857048.jpg


下清水のお地蔵さんです(^^)/

 先日の地蔵盆新しい帽子・襷(タスキ)・前掛けを掛けてもらいこの巌壕に鎮座してます。

この中も毎年水を抜きタワシで岩をこすりきれ~にしていました。

その地藏さんが見守る塚谷川ですが、その真ん前の整備された塚谷川にあって小さな中洲があるのをご存知でしょうか?
d0094868_1924385.jpg


長細く藻や苔が生えてるからわかりますよね!

d0094868_1943269.jpg


この中州には塚谷の歴史が詰まってるんです。

山中温泉の四聖人「行基信連蓮如芭蕉」のうちのひとり

時代は遡ること平安時代末期

   長谷部信連公の出番です!

山中温泉で野盗狩りをしたあと塚谷川で刀についた「血のり」を拭うため刃を一振りしたときの「血のり」がこの岩に飛び赤く跡がついたとのこと。
この浮き上がった中洲を綺麗にすると今も赤い跡が見えます。

それから造られたこの清水を「太刀清水(たちしょうず)」と呼ばれ、ここに架かった橋太刀橋(たちばし)」と呼ばれるようになったとのことです。

この中洲を残すのに塚谷川の改修工事のときに頑張った方々がいることも忘れてはいけませんね!

歴史を埋もれさせないよう・・・後世に時代を語り継ぐ為にこの出っ張りを大事にしなければいけません。

でもこの出っ張りにゴミが掛り苦労はしてるんですが(^^ゞ

d0094868_1922496.jpg


そんな橋の袂にも草木が育ちいろんな木々があります。

橋に掛かるようにクルミの木もあります。

 じつはこのクルミ、大聖寺川沿いでも数本しか(私が)確認できてない「メ(♀)クルミ」なんです。

 可愛いハート型になることから人気があるんです(^^♪

 片野鴨池の池の中にも一本ありますが立ち入り禁止なのでホント希少です!

 でも乱獲しないでください!

 この木も個人の所有ですから、柿泥棒みたく胡桃泥棒になりますよ^m^

d0094868_19293877.jpg


そんな秘密めいた一角があるなんて知らない人が多いと思います。

ちょっと気になった方は老朽化した太刀橋をゆっくり渡ってください。
塚谷のちょっとした大きなロマンをわかっていただけたでしょうか(^^♪
[PR]
by sakaami | 2014-08-30 19:32 | 「今」は「昔」